2008年03月09日

記者クラブ改革?

今日のlivedoorニュースに「橋下徹知事が就任以降、
記者クラブに加盟していないインターネット新聞などに対する
議会取材について、「臨時取材許可証」を発行するなど、
記者クラブ加盟社以外の報道機関に対して
柔軟性を見せている」との記事があった。

それによると大阪府議会事務局のきめ細かい対応ぶりが
書かれており、議会取材への変革の無い大阪市を皮肉っていた。

大阪市の市長は平松 邦夫氏(民主党と国民新党の推薦、社会民主党支持)で
施政方針の第一は「ガラス張りの市政の実現」とある。
その大阪市議会で旧態依然の取材規制(記者クラブ)が続いているんだそうです(^∇^;)

記者クラブとは各省庁、都道府県庁、市役所など公的機関の
情報を取材できるように設けられた自主的な組織?らしいが
基本的に大手マスメディア以外に参加が許されていない。

今回、取材許可が出た「PJニュース」は
市民記者ないしはフリーライターによるニュース配信サイトである。
閉鎖的な組織と批判されている記者クラブに入っていない市民記者に
取材許可が出たので、上記ので称賛の内容の記事になったのであろう。


もっとも、この「臨時取材許可証」
平成20年2月定例本会議会期中のみ有効というのは
ちと気になります・・

いいえ、

大いに気になります!


【参考までに2005年にインターネット新聞社「小樽ジャーナル」が
北海道の小樽市の記者クラブに加盟した例があります】



人気blogランキングをクリックして応援よろしくわーい(嬉しい顔)







posted by 田舎のディオゲネス at 03:57| Comment(0) | TrackBack(1) | 橋下劇場 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月10日

基本政策

大阪府知事選に当選した弁護士でタレントの橋下徹氏(38)、
彼の行動や発言はネット上で連日のように注目を浴び話題を呼んでいる。

当初は「2万%出ない」と出馬を完全否定しながら、一週間後には立候補し
府債発行(借金)は一切認めないと発言しながら、数日後にはあっさりと撤回
選挙中、「政治は言ったことを実行できるかどうかが全て」を売り文句にしていたそうだが、どうも威勢だけのような印象です。

財政再建団体へ転落寸前の大阪府
その大阪で1,832,857票と2位に2倍もの差をつけて当選した橋下知事
今後、大阪府がどうなるか興味を持ってしまいました。


まずは「大阪を明るく元気にしたい!」というキャッチフレーズで出された基本政策から

「おおさか」を笑顔にするプラン

1、「(仮称)出産・子育てアドバイザー制度」の創設
2、小児科・産科の救急受け入れの促進
3、妊婦一般健康診査の受診回数の拡大
4、乳幼児医療費助成の拡充
5、不妊治療費補助の拡充
7、駅前・駅中に保育施設の整備の促進
8、子どものいる若い夫婦への家賃補助制度の創設
9、障がい者や高齢者への公共公益活動の支援
10、大阪府内の公立小学校などの運動場を芝生化
11、大阪府内の全公立中学校に給食の導入を促進
12、安全な地域づくりをめざして防犯カメラの設置を支援
13、「石畳と淡い街灯」の街をつくる
14、中小企業活性化のため大規模コンベンションを開催
15、大阪の活力アップのため知事による積極的なセールスを展開
16、セーフティネットを除き大阪府が出資する法人を抜本的に改革
17、府立施設や府の事業で必要性のないものは民営化・売却を促進

さてさて、任期は4年、今後の展開が楽しみです♪

人気blogランキングをクリックして応援よろしくわーい(嬉しい顔)




posted by 田舎のディオゲネス at 04:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 橋下劇場 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。