2006年08月28日

次期首相とお金の話

2004年度の一般会計と特別会計を合わせた国の債務超過額は
前年度比20兆円増の276兆5580億円に達したそうな

負債総額は30兆1880億円増の976兆8270億円!
想像つかないほどの金額である

まあ一昨年の負債金額なのだが、これほどの巨額の借金に
小泉は経済構造改革を叫んで
予算を削りやすいものからどんどん削り、
最終的には弱者に負担増のしわ寄せになりました。
結果的には社会的格差が広がり、
今年に入ってから問題視されてきています。

特に今年は、医療や福祉予算が削られ
地方の予算も削られ、
大増税の波がヒタヒタと押し寄せても
物言わぬ国民

その国民人気が高いといわれている安倍は


    経済オンチだそうな(゜_゜;)

google検索したらでてきたわーい(嬉しい顔)


さてさて、来年度の一般会計の予算の概算要求がスタートしているようです。
その内容は06年度の(約79兆7000億円)よりも
3兆円前後膨らんで82兆5000億円前後!

長期金利が上がったので、その影響なのだそうですが

防衛庁はミサイル防衛(MD)関連予算を
5割増要求するつもりだそうです。
北朝鮮の弾道ミサイル発射問題が起きたため
将来購入予定だった分を一部前倒しするのだそうです。

日本よりも台所事情が悪い米政府は
80発はあるからね〜、としきりに日本に営業をかけているが
そのうち日本ははりねずみのようになるかもしれない。

安部が首相になったら一挙に軍事費倍増!

やりたい放題ですな(x。x)゜゜



ちっ(怒った顔)人気blogランキングに一票!






posted by 田舎のディオゲネス at 04:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月16日

人頭税

自民党の圧倒的勝利に、かなりの人達が不安を感じているようだ。
小泉は「郵政民営化」のみを焦点にし、多くの有権者も乗せられて、
最終的には、「郵政民営化」に賛成か反対かを判断材料にしたようだ。
年金などの社会保障問題や日米再編問題、憲法改編問題、財政赤字問題等々、
重要なテーマはいっぱいあったはずなのだが、白紙委任状態になってしまった。



今回の選挙の総括をするために、いろんなブログを覗いていて、
「人頭税」という文字が目に飛び込んできた。

       まさか・・・
            絶句!

    最初は、過去の歴史の話と思って気にも止めなかったが、
    圧倒的支持率でもって、白紙委任された状態の政権が、
    今後、簡単に法案を通すであろうとの危機感から、
    神経質になっていたからこそ、目にとまったかもしれない。

さっそく検索して記事をかき集めてみた。要するに

▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲

竹中平蔵が閣僚として政府に入る前に
所得税の廃止と人頭税の導入を主張していた。
..............................................

累進課税制度は廃絶し、できれば所得税そのものも廃止して人頭税にする。
国民は一律定額の人頭税と消費税を払う。法人税も廃止する。
...............................................

法人税を外形標準課税とすることによって税収の安定化、
企業の健全化、求心力の増大が図られるのと同様に、
所得税を人頭税とすることで税収の安定化、求心力の増大を図る

▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

Voice2001年5月号・竹中平蔵・櫻井よしこ連載対談で竹中は次のように述べている。

▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲

竹中:そうです。ならば人格をもっている人には一律に税を課せ、ということになります。
ある方との対談で、「いちばんいい税制は何だと思いますか?」と聞かれて、
「人頭税でしょう」と答えたことがあります。これほど公平な税制はありません。
究極の外形標準税ともいえる。

  そして続く

竹中:われわれがほんとうに同じように責任を果たし、義務を負うのであれば、
税は所得に対して課するのではなくて、人頭税が望ましいでしょう。
こういう理念を明確にした憲法にしてほしい。

▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲


その人の所得に関係なく、一人いくらと取られるところは
介護保険料と年金保険料もすでに人頭税のようなものかもしれない。
たとえ病気で働けなくても、失業していようが、容赦なく取り立てる
担税能力差を配慮しない「弱者に過酷な税制」は
まちがいなく、この国を、ますます少子化に向かわせるかもしれない。

自民党の勝因に「わかりやすさ」が上げられていたが、
はたして「傷みを伴う改革(大増税)」も分かりやすかったのだろうか?

人頭税がどういうものか知らない人は以下のサイトを覗いてみて下さい。
人頭税廃止百年記念の碑
第4話 与那国島の人頭税
〜赤い実が伝える南海の悲話〜

クブラバリ

   人頭税に反対する方は人気blogランキングをクリックで表明しよう!




posted by 田舎のディオゲネス at 04:13| Comment(1) | TrackBack(0) | 経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月31日

最低生活費とは

明日から新年度、あいかわらず増税のオンパレードだ。

1、介護保険料の料率「11.1/1000」から「12.5/1000」へ
2,雇用保険料が 1,4% から 1.6% へ
3,厚生年金保険料、月1,3300円から13580円へ
4,年末調整の時の特別減税が半減(定率減税の半減)
5,60歳台前半在職者の老齢厚生年金、一律2割カット
6,住民税は5−13%で3段階ある税率を一律10%
 
前に年間150万円の収入の場合にかかる税金を計算したが
今度は、生活するのにいくら必要なのか調べてみた。
国が憲法で保障している最低限度の生活を送れるための基準を
政府はどこにおいているのか、以前から気になっていたからだ。

すると、興味深い情報がいろいろと出てきた。
どうも「4人家族で年間約300万円」というのが、
政府が認める最低生活費らしい・・・

最近、年金だけでは食べていけなくなって、
生活保護を求める人達が増加しているという。

   「生活保護とは、各自治体ごとに定めた生活保護基準に
    よって計算され、「最低生活費」と、保護を受ける
    世帯の全収入を比べて、後者が前者を下回る場合に、
    その不足分が支払われるという制度」

年金は老後の生活を保障してくれるものと思っていたら、
最低生活費である「生活保護の金額」より低かった。
年金が最低限の生活を保障していなかったことにビックリ!

さて、次は若者の生活費にいこう。
最低生活費として国が定める生活保護基準は時給1,015円(18歳・単身者)。
最近はフリーターが多く、パートや契約社員などが多いので
パートの最低賃金を調べてみた。

パート賃金の最低賃金額は全国平均で664円。
民間労働154時間で換算すると、102,256円

なに?  102,256円
生活保護基準より低いじゃないか
どうりで、最近ダブルワークが増えているわけだ。

また計算し直さなきゃならん。
年間 1,227,072円 
課税最低限度額は103万円
今日は時間がないので次回にということで。

生活保護費は各都道府県によって生活保護基準が
あるので興味のある方は自分で調べましょう♪

最低賃金額は、中央最低賃金審議会で、
全国4ランクに分けられた額の目安を決め、
各都道府県の審議会で決定されているそうです。
何を基準に計算されているか、いつか調べてみたいです♪


増税に反対する人人気blogランキングに一票!


posted by 田舎のディオゲネス at 14:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月08日

県民所得:2年連続減!!

内閣府の発表した02年度の1人当たり全国平均の県民所得は291万6000円、2年連続で前年度を割り込み家計を中心に所得の改善が遅れていることがわかった。

一人当たり291万6000円ももらっているのか・・・
そんなにもらえたら結構な額だと私は思うが
私のまわりは貧乏人ばかりがいるような気がする(;´_`;)
02年度の1人当たり県民所得をよく見ると

トップに東京!   年間408万円!!

     ビリは沖縄県!     年間203万円!!

おそらく東京に住んでいる多くの人達は「そんなに収入はないぞ」と思うかも知れない。つまり高額所得の人の分も計算に入れての金額だから、当然もっと低い所得も計算に入れての平均金額である。全国で一番低い所得の沖縄県もしかり、1人当たり県民所得203万円ということは多くの低所得者層がいるに違いない。

以前から不満に思っていたことだが、この計算方法だけでは納得がいかない。たまたま私の周りには貧乏人がいっぱいいるだけなのか、やたらと低所得者層が目に付くのである。もし私が担当者なら所得ごとの人口をはじき出してみたい。

たとえば、年間所得100万円以下の人口、200万円以下の人口、300万円、400万円、
というように所得ごとの人口を割り出してみたいと思う。かならずや、興味深い数字が出るものと確信している。

でも総務省、ぜったいそんな計算しないだろうなあ(^_^メ)
暴動が起きかねん。
   「みんな平均291万円貰っているんですよ〜」
      「大変でしょうけどがんばって税金おさめてね〜」

なんて思っているから国会でどんどん増税を決めているに違いない。


そうだ!と思った人人気blogランキングに一票!

posted by 田舎のディオゲネス at 01:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年02月15日

日本の借金、誰が負担する!

本題に入る前に日本経済が破綻するまで
動きつづける時計を見て欲しい
日本の借金時計

リアルタイム財政赤字カウンタ


共同通信社の第三者機関「報道と読者」の委員会での
寺島実郎の発言は的を得ていると思う。

「財務省は国際的には税負担が低いと説明するが、
かなり違う部分がある本当の実質可処分所得は真綿で
首を絞められるようにどんどん圧迫されている。
持続的にきちんと検証した記事がほしい」

「日本の報道で公共投資に関して決定的に欠けているのは
進化論だ。総額が多いか少ないかの議論ばかり。
コストを掛けずに、次世代に意味のある公共投資をするよう
進化を厳しく則していくことを問いかける企画がない」

過去にも大前研一だの堺屋太一が注目を浴びた時期があったが
これからは寺島実郎の発言に注目が集まりそうな気配である。

日本の借金はわかった。
だからってこんな大金を庶民の懐で負担してもらおうなんて
政府の動きはひどい!

今年は増税が目白押しである。
庶民の為に発言してくれる人達を応援しようじゃないか!


発言に共感した方は人気blogランキングに一票お願いします!
posted by 田舎のディオゲネス at 01:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。