2006年09月24日

国家安全保障会議

安倍氏の総裁選での公約に、
日本版NSC(国家安全保障会議)がある。

もとは、大規模テロや大災害への初期対応を敏速強化するために
検討されてきた「緊急事態基本法」なのだが、
安部氏のいう国家安全保障会議とは
日本の安全保障、情報収集、危機管理のことと、
一般的には捉えられてもいるようです。

日本版NSCというのだから、外国版とは何か調べてみました。
国家安全保障局をgoogleで調べてみると
米国の国家安全保障局(National Security Agency;略称 NSA )がでた。
アメリカ国防総省の諜報機関の一つで、
電子機器を使った諜報活動を担当、
規模・予算ではCIAを3倍以上上回ると評されるが、
全貌が不明瞭で、いわば何をしているか解らない組織なんだそうです。
似たような不明瞭な組織にCIA(スパイを使った諜報活動)があります。

--------------------------------------------------------------

アメリカ中央情報局(Central Intelligence Agency)は、
大統領直属の諜報機関で、アメリカ合衆国の国策遂行のために、
情報収集・対外工作(暗殺・情報操作・プロバカンダ・民衆扇動を含む)を
行う機関である

反米的な政権に対するクーデターの支援、
外国の親米政党に対する秘密援助など、
連邦政府・国務省が公的には出来ない“裏稼業”に
関わったりした事から、第二のアメリカ政府・見えない政府
(invisible government)・クーデターメーカーとあだ名される。

アメリカ合衆国の外交政策・国防政策の決定に必要な
諜報・謀略活動(ヒューミント)を行い
膨大な予算と権限を与えられているが、
その活動の詳細は明らかにされておらず、
アメリカ国民にとって一般に知られる訳にはいかない機密の保持、
または証拠物件等を抹消する任務を帯びた組織であると説明される事が多い。

ウィキペディアより


--------------------------------------------------------------
国家安全保障会議という名称からすれば
米国のNSAに近いようだが、CIAのような組織とも噂されているようです。
実際はどのような組織を想定しているのでしょうか。

9月17日の毎日新聞に「米情報機関との連携を強化するため、
防衛庁はワシントンに日本大使館から独立した情報専門の
連絡事務所を新設する方針を固めた」という記事がありました。
主な相手先に想定しているのは、国防総省国防情報局!
そういえば、安部氏の公約に「日米同盟の強化」がありました。

どうやら日本の安全保障、情報収集、危機管理は、
更なる日米同盟の強化によって得ようという魂胆のようです。
そういえば安部晋三の祖父、岸信介は
日米安全保障条約に調印し、批准した人なんだそうで、
対米追従を徹底し、アメリカの「属国」になりすましたと評価されています。
安部の日本版NSC(国家安全保障会議)は
自分のアイディアではなく、祖父のやったことを
更に推し進めていこうというだけの構想のようです。

米国への属国から脱却して
アメリカ合衆国との軍事一体化と融合が理想なのだとか。

安部氏の任期中にどこまで日本の主権を売り飛ばすか、
注意深く監視したいと思います。


参考文献:J-RCOM

ちっ(怒った顔)人気blogランキングに一票!
posted by 田舎のディオゲネス at 04:54| Comment(0) | TrackBack(1) | 安部政権 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月18日

教育バウチャー制度

年から年中教育改革!教育改革!
もう何年いじり続けているだろうか教育改革!
ここにきて安部の「バウチャー制度」出現!

聞くところによると

バウチャー制度とは、行政当局が保護者に
学校の授業料に充当できる一定額の利用券(バウチャー)を支給し、
児童・生徒は自ら選択した学校で利用券を渡して授業を受ける仕組み。
学校は利用券の枚数に応じ補助金を受ける。

なんだそうだ。

バウチャー制度の導入によって、各学校に競争原理が働き、
児童・生徒を奪われないように質の向上を迫られるとのこと。

ふむ、
要するに子供達の争奪選をオッ始めるわけだ。
お子ちゃまのご機嫌取りと
教育現場の息苦しさが伝わってきそうな教育改革ですな(-_-;)


それではgoogleでいきますか(^^

おお〜真っ先に出たのは
「アメリカの”教育バウチャー”」
-----------------------------------------------------------------
教育バウチャー(Education Voucher)とは、
政府が父母に対して私立学校の授業料に充当できる
一定額の現金引換券(バウチャー)を支給することにより、
私立学校選択を支援するとともに、公立学校と私立学校との間に
競争原理を働かせ、公立学校改善を促そうとする制度である

自治体国際化協会より
-----------------------------------------------------------------

海外でのバウチャー制度って金券だったのか(゜_゜;)
それも福祉の補助という意味合いが強いような内容である。
家賃補助、介護補助、教育補助、育児補助等々・・・
はて?日本国内では学校のふるい落としの意味合いにしか聞こえないが・・・

教育にケチな日本は家庭への補助金ではなく、ただの利用権(・_。)ズリッ
(学校への補助金と子を持つ家庭への補助金は意味が大きく違う)

要は学校の自由選択制度をやろうとしているのだろうけど、
なにもわざわざ自治体から利用権を配るまでもなく、
がんじがらめにしている学校の制度も含めて、
さっさと自由化しちゃえばいいものを、
安部のいう「教育バウチャー制度」はまるで
戦前の配給権に聞こえるじゃないか(○`ε´○)
あわせて教師の評価制度も導入したら、
恐怖の教育現場じゃん!
よっぽど学校に恨みでも持っているのかな?

ちっ(怒った顔)人気blogランキングに一票!

posted by 田舎のディオゲネス at 04:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 安部政権 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月08日

安倍氏の政権構想

記念に置いておきます、
青色の文字は監視したい項目です
赤色で表示されているのマークは「はてな」の意味です





【政権の基本的方向性】

文化・伝統・自然・歴史を大切にする国
新憲法の制定
・開かれた保守主義
・歴史遺産や景観、伝統文化等を大切にする

自由と規律の国
教育の抜本的改革
・民間の自律と、過度の公的援助依存体質からの脱却
・安心と安全を国民の手に取り戻す

イノベーションで新たな成長と繁栄の道を歩む国
・イノベーションによる経済成長
・国際社会における規範形成力と存在感

世界に信頼され、尊敬され、愛される、リーダーシップのあるオープンな国
・日本の強さを生かした積極的貢献


【具体的政策】
1 政治のリーダーシップを確立
 (1) 政治のリーダーシップを強化し、首相官邸主導体制を確立する
 (2) 行政機構の抜本改革・再編
 (3) 定員削減や能力主義の導入といった公務員改革を断行

2 自由と規律でオープンな経済社会
 (1) 官と民との新たなパートナーシップの確立
   (小さい政府の推進。民間活力活用、
    N P O などの「公」の担い手をバックアップ)

 (2) イノベーションの力とオープンな社会で日本社会の新たな活力を
 ・良いヒト・モノ・カネを世界から集積。そのためのインフラ整備
 ・アジアの成長を取り込む経済戦略
 ・イノベーション活用で幅広い産業の生産性を向上させる
 ・最先端産業を強力に支援
 ・高速インターネット基盤の戦略活用プラン
 ・税と金融で中小企業を強力にバックアップ
 ・農林水産業、建設業などを戦略産業に変える
 ・金融市場の強化
 ・地球環境問題の重点的取り組み

  (3) 誰もがチャレンジ、再チャレンジできる社会の実現
   ・努力した者が報われ、勝ち組、負け組が固定しない社会
  ・多様な生き方と、チャンスにあふれる日本の実現
 ・女性や高齢者などの積極的な雇用の促進
 ・従来の勤労価値観を超えた働き方の見直し

  (4) 地方の活力なくして国の活力なし
   ・地方分権、行政スリム化を推進、道州制の策定で「強い地方」を創出
 ・美しい国土の総合的な再生プラン策定
 ・国の隅々における安心安全体制の確立

  (5) 成長なくして財政再建なし
   ・財政健全化
   ・経済成長を前提に、歳出改革に優先取り組み
 ・消費税、直接税などの税制改革の推進

3 健全で安心できる社会の実現
  (1) 「日本型社会保障モデル」で安心安全のセーフティネット
   ・年金、医療、介護、社会福祉の一体的見直し
社会保障番号の導入や徴収一元化
・親切で分かり易い年金制度の確立
社会保険庁の徹底的改革
・確定拠出型年金の拡充等により、選択型セーフティネットの整備
・被用者年金の一元化
・予防重視のメディカル・フロンティア戦略推進
・小児科、産婦人科等の医師不足対策の推進
・障害者の真の自立と参加を可能にする社会の実現
・持続可能な介護制度の確立

(2)「百年の計」の教育再生をスタート
・基礎学力再強化プログラム、公教育の充実・強化
・大学、大学院の国際競争力強化、研究開発機関の再編・強化
教師の評価制度の導入
・学校教育における社会体験活動の充実

4 主張する外交で「強い日本、頼れる日本」

(1)「世界とアジアのための日米同盟」の強化
(2) 中国、韓国等近隣諸国との信頼関係の強化
(3) 拉致問題、核・ミサイル問題等、北朝鮮問題の解決
(4) 米欧豪印など価値観を共有する国々との戦略対話を推進
(5) グローバル経済統合の推進力になる
W T O 体制推進とアジア太平洋地域での共同体形成を推進
(6) 省エネや地球環境問題での世界貢献と、
安心できる安定的エネルギー資源の確保
(7) 世界において責任ある役割を果たす国になる
(人道復興支援、大量破壊兵器拡散防止等、
平和構築への積極貢献と人材育成
   戦略的O D A 、環境・人権外交、留学生受け入れの
     飛躍的拡大など、日本の理念外交を展開)
(8) 外交・安全保障の司令塔機能を再編し、情報収集機能を強化

わーい(嬉しい顔)人気blogランキングに一票!
posted by 田舎のディオゲネス at 03:34| Comment(0) | TrackBack(1) | 安部政権 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月04日

美しい国のゆくえ

「美しい国」という言葉が気になって調べました。

「美しい国」を検索すると風景など景色に関するものばかりが出てくる
まさか安部晋三がこれから環境対策に本腰を入れるのだろうか、

でも、そうではないようです。環境対策とは関係がなく、
単に精神的なもの、情緒的なものを指しているようです。

安倍氏の政権構想では、「歴史遺産や景観、伝統文化などを大切にする」と
とりあえず表面上掲げているが、中身は憲法改正(9条)、
教育改革(国民コントロール)に力を入れたいとのこと、

「カナダde日本語」のサイトでは
安倍氏の政権構想について突っこんでいる記事がある。
おもしろいので、ぜひ読んでみてください♪
危険な安倍の政権公約


ところで中国ではアメリカ合衆国のことを「美国」
呼んでいるそうだ。おもわず笑ってしまったわーい(嬉しい顔)

---------------------------------------------------

表題の「美国」とは、もちろんアメリカ合衆国の漢字表記。
本文ではタイトルどおり、安倍氏が宗主国と崇拝してやまない
アメリカへの媚び・へつらいが、思うさまつづられている。
ある意味、この本は安倍晋三という男のアメリカへのラブレターである。


本書で注目すべきは帯の煽り文句にもある。
「自信と誇りのもてる日本へ」とわが国が変容していくための、
具体的提案が記されている点。安倍氏は、その具体的方策を
「正式に合衆国に加盟して 52番目の州になることで
パックス・アメリカーナの庇護の下に入り、世界に君臨する
警察国家の一部だという誇りをもつこと」とはっきり述べている


出典:ヘンリーオーツの独り言にある「美しい国へ」は安部晋三の売国宣言だ!

---------------------------------------------------

安部晋三のことを立候補するはるか以前から、
マスコミは国民的人気?とか国民的支持と表現していたが、
調べれば調べるほど、危険な人物像が浮かび上がるばかりで、
「美しい国」のゆくえがどうなるか注意深く
ウォッチしなければならないようである。




ちっ(怒った顔)人気blogランキングに一票!






posted by 田舎のディオゲネス at 03:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 安部政権 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。