2008年02月10日

基本政策

大阪府知事選に当選した弁護士でタレントの橋下徹氏(38)、
彼の行動や発言はネット上で連日のように注目を浴び話題を呼んでいる。

当初は「2万%出ない」と出馬を完全否定しながら、一週間後には立候補し
府債発行(借金)は一切認めないと発言しながら、数日後にはあっさりと撤回
選挙中、「政治は言ったことを実行できるかどうかが全て」を売り文句にしていたそうだが、どうも威勢だけのような印象です。

財政再建団体へ転落寸前の大阪府
その大阪で1,832,857票と2位に2倍もの差をつけて当選した橋下知事
今後、大阪府がどうなるか興味を持ってしまいました。


まずは「大阪を明るく元気にしたい!」というキャッチフレーズで出された基本政策から

「おおさか」を笑顔にするプラン

1、「(仮称)出産・子育てアドバイザー制度」の創設
2、小児科・産科の救急受け入れの促進
3、妊婦一般健康診査の受診回数の拡大
4、乳幼児医療費助成の拡充
5、不妊治療費補助の拡充
7、駅前・駅中に保育施設の整備の促進
8、子どものいる若い夫婦への家賃補助制度の創設
9、障がい者や高齢者への公共公益活動の支援
10、大阪府内の公立小学校などの運動場を芝生化
11、大阪府内の全公立中学校に給食の導入を促進
12、安全な地域づくりをめざして防犯カメラの設置を支援
13、「石畳と淡い街灯」の街をつくる
14、中小企業活性化のため大規模コンベンションを開催
15、大阪の活力アップのため知事による積極的なセールスを展開
16、セーフティネットを除き大阪府が出資する法人を抜本的に改革
17、府立施設や府の事業で必要性のないものは民営化・売却を促進

さてさて、任期は4年、今後の展開が楽しみです♪

人気blogランキングをクリックして応援よろしくわーい(嬉しい顔)




【関連する記事】
posted by 田舎のディオゲネス at 04:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 橋下劇場 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/83265528

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。