2007年03月17日

続・都知事選に思う

あ〜あ、4月に入ってしまった。
いよいよ東京都知事選の投票日のカウントダウンに入る。

東京都知事選の楽しみは立候補者の顔ぶれを眺めることである。
今回もユニークな候補者達がいて、
各候補者の追っかけするのも、また面白いと思われる。
まあ、暇があればの話だが・・・

知事は1人だけだから、大抵は落選することになる。
だから、ほとんどの立候補者は
はじめっから当選するつもりはないのだろう。
注目度の高いこの場を利用して、
マスコミが流さない情報の発言の機会を得るために、
あるいは、話題になることで自分の商売にプラスになるように等々
きっと、それなりの目的があるのだろう。

新聞やテレビを見ていると最終的には

現知事の石原慎太郎
元東京都足立区長の吉田万三
元宮城県知事の浅野史郎

の3人に絞られてきそうである。

一般的に言われている予想は、石原氏がリード、
浅野氏が追従しているそうだが最初の予想とは違って苦戦しているとのこと、
吉田氏は善戦しているそうだが、当選ラインからは程遠い。

さて、ネットで状況に探りを入れると、
なんと吉田氏を押す共産党系と浅野氏を押す支持者同士で激しいバトルが行われているではないか。
お互いを敵と間違えているようだ。

なんとも平和だね〜

暴言 失言 大暴走 石原慎太郎言動録インデックスによると

「三国人」発言
死の商人発言
北朝鮮ミサイル当たれば良い発言
共産党ハイエナ呼ばわり
ババア発言
戦争容認発言
テロあたり前発言
ニートは穀つぶし発言
一生いじめられる発言
フランス美術を侮辱発言
宮崎県訪問ブチ切れ帰京
その他いっぱい・・・続々


マスコミの予想が当たっていれば
あと4年、このサイトの暴言集がさらに増えるのであろう。



頑なな共産党系はどうも融通が利かないのは知っているが
政治は柔軟でしたたかな交渉術も必要であると思う。
現状はどうであろうか、政権交代がめぐってきそうなチャンスがあっても
ぶち壊しに全力を傾けているように感じられる。

断っておくが私は民主党支持者ではない。
俗に言う無党派である。
政権交代ができるなら、どの党に入れてもかまわない。
実際に入れてもいる。

国会でも戦後、政権交代が一度も行われなかったのは
もちろん自民党に有利な選挙制度もあるが、
共産党にも責任はあると私は思っている。

民主党にも文句はいいたい、
愛知県知事選では共産党からの共闘の申し入れを断っていなければ
知事は取れたのに、なんたる無様、
たしかに善戦はしたが、それだけのことである。
選挙は勝たなきゃ意味が無いのである。
近々行われる参院選挙、または衆参選挙でも
政権をとれずに「善戦しました」で喜んではいられないはずである。





選挙で候補者を選ぶときにはマニフェストを基準に選ぶとの
アンケート結果があったらしいが、ホントだろうか?
たしかに参考にはするが、似たような歯の浮くような
公約がズラズラーっと並べられて、
実感は感じられないのが本当ではないか?

思うに、昔は迷うことはあまり無かったが
近年はどの選挙も、候補者の選択肢がなくなってきているような気がする。
みんな、どんぐりの背比べをしてしているようで・・・
欠点をあげればどの候補者も一長一短、
ではなく
いくらでも短所が目に付く。
それにしても候補者よりも有権者のレベルが高くなったのではないか。
政策について、けっこう素晴らしい投稿が多く見受けられる。


似たり寄ったりの公約で選べない時、
より民意を反映できそうな候補者を選ぶのも手である。
もちろん当選する可能性のある候補者である条件は言うまでも無い。

なぬ?当選の有無は問わずに、己の主義主張を貫きたいだって?
ならそれも結構!
あと4年、暴言を聞くたびに怒り狂う覚悟があるならね(`へ´)

人気blogランキングをクリックして応援よろしくわーい(嬉しい顔)

posted by 田舎のディオゲネス at 04:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/36150106

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。