2007年03月01日

東京都知事選に思う

東京都知事選挙が近づいているようだ。なんでも4月8日だそうな。
今日から3月だ、ほとんど期間は残っていない。
これまでに立候補を表明しているのは知っているだけでも

現知事の石原慎太郎
建築家の黒川紀章
元東京都足立区長の吉田万三

ここにきて元宮城県知事の浅野史郎氏が
加わりそうな動きを見せている。

安部首相の人気ががた落ちするにつれて、自民党の支持率も低下、
しかし民主党の支持率はちっとも上がらない。
参院選が近づいているのに都知事選への立候補者も
擁立できない事態にマスコミやネットでは
批判やら悲鳴に似た不満の記事が目に付く。
当初から党の代表代行、菅氏待望論が出ていたが本人が固辞。
石原慎太郎氏相手では勝てないから出ないという説が出ていたが、
浮かない顔を見ていると違うような気もする。
もしかして、民主党の勢力争いによるものでは・・・

党がどんな勢力図になっているかよくわからないが、
とりあえず判っていることは民主党には派閥ではなく
各グループに分かれているということだ。
寄せ集めと評されている集団内の結束力は弱く前原氏のような、
いつ自民党になってもおかしくないような人達が
いっぱいいるといわれている。

そんな中、もし管直人氏が都議選に立候補して
民主党にいなくなったら、どんな党になるだろうか?
少なくともイメージはだいぶ違ってくるであろうと思う。
もしかしたら彼は糊のような役目をしているのではと
思うのである。私の勝手な推測だが・・・・

建築家の黒川紀章氏はどうであろうか。
「石原慎太郎都知事が立候補を辞退しない場合、立候補する。
どの党からも推薦されれば受ける」と言っていたが、
東京オリンピック招致に反対なのが主な理由といわれている。
ほとんど漫才のような立候補表明の記者会見に
テレビの視聴者は大笑いしただろうか、それとも
「有権者を馬鹿にしている」と怒っただろうか、
それだけが気になった。
後で分かった事だが石原氏も黒川氏も
日本最大規模の右派・保守主義系の国民運動や言論の団体
「日本会議」の代表委員だそうです。

早くから立候補を表明したのが元足立区長の吉田万三氏
1996年に実施された東京都足立区長選挙で保守が分裂状態の中、
日本共産党・新社会党の推薦を受け出馬して当選したが、
少数与党下で苦しい区政運営を強いられたそうです。
自民党・民主党・公明党の攻勢により不信任案を
突きつけられたりして失職、その後の出直し選挙で破れ、
その次の選挙でも破れたという。



さて、混迷を極める民主党だが、近々対立候補を発表するという。
意地でも誰かを出すかもしれないが、それは止めたほうがいい。
すでに時遅し、元宮城県知事の浅野史郎氏が
出るかもしれないからである。
候補者を出さずとも有権者に理解できる
しっかりした行動がとれるなら参院選挙では
それなりに評価してくれるだろう。
なぜならほとんど二大政党といっていい現状では
行くところがないから・・
はっきり言える事は、迷走し不信感を抱かせる行動が
一番駄目なんです!


ネットでの書き込みを見ても、浅野氏はなかなか評判が良い。
阿修羅で読んだ浅野さんにまつわるエピソード
---- -------------------------------------------

(浅野さんが)宮城県知事選2期目の、政党の推薦を全て断った折、
(ある政党の方が)塊の票を持つ政党はブロック、
市民なんて、すくってもすくっても指の間から
こぼれ落ちてしまうただの砂。と開き直られた時に、
(浅野史郎さんは)砂は砂でも黄金の砂。
その名も無き砂の想いに寄り添うのが政治、と答えられた・・・

------------------引用ここまで------------------

前に民主党は浅野氏を擁立しようとして断られている。
一時的にしろ擁立しようとしたのだから政策的には近いものがあると思うし、
何よりも石原慎太郎氏の力をあまく見るべきではない。

1999年に初当選166万票を獲得して大差で当選
2003年には308万票(得票率史上最高)を得て再選

吉田氏も足立区長選で2度も敗れているのだから
都知事選どころではないだろうと思う。
石原慎太郎氏の品格の無い発言を聞きたくなければ、
革新にこだわっている余裕はないはずである。

人気blogランキングをクリックして応援よろしくわーい(嬉しい顔)
posted by 田舎のディオゲネス at 05:24| Comment(2) | TrackBack(0) | 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
所感ですが、

都知事選挙には、民主は勝負抜きで独自候補を早期に出すべきであった。

要請を断わった海江田万里さん、さらにはトロイカ?体制の1角である管直人さんは、

応諾すべきであったと思います。

浅野さんもあれほど「民主党が独自候補を出すならば、自分は出馬しない。」と早くから民主党にシグナルを送っておりました。

結果、浅野さんは負けはしましたが、男を上げ、政治生命に寧ろプラスに

海江田さん、特に管直人さんはマイナスマイナスになりました。

管直人さんという方は総理を狙っている??との評論家のご意見があり。

そうねんですか、管さん、国民が望んでいないなんて会見で言って、ご自分が望んでいないのに。

では。失礼いたします。
Posted by さちお at 2007年04月27日 19:05
コメントありがとうございます。
東京都知事選があると判っていながら、これまで何をしていたんでしょうね。寸前のドタバタは見苦しいばかりです。
ところで小沢、鳩山、管、田中、の他には誰がいるのだろうかと時々気になります。民主党の顔になれそうな人・・・ちょっと思い浮かばないです。
それにしても党幹部にあまり女性がいないのも気になる・・話がだいぶそれてしまった(^^ゞ
Posted by 管理人 at 2007年04月27日 23:28
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/34962095

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。