2006年11月10日

放送命令

いよいよ戦後初の国家による放送命令が出されました。
北朝鮮による拉致問題は政府の最重要課題なんだそうで、
NHKのラジオ国際放送で重点的に取り上げるよう命令しました。

事前に菅総務相が電波監理審議会に諮問したところ、
審議会の羽鳥会長は「拉致問題の解決は安倍政権で
政府一体で推進する最重要課題になった」として認めることにしたという。
答申書には「NHKの編集の自由に配慮した制度の運用を行うことが適当」とする
意見を付け加えたという。

はて、これと似たような事がどっかで・・・
それも最近・・・

思い出しました(^^
政府主催の教育改革タウンミーティングでの「やらせ発言」

どうも最近の政府は世論対策に熱心ですな(^^ゞ

「これを質問してください」===「これを放送してください」
「自分の言葉で質問を」===「自由に編集していいです」

違うのは「お願いされて、とは言わないで下さい」から「命令」になった点です。


庶民にとっては他にも重要な課題はいっぱいあるのに、
その中でも拉致問題が最も重要課題だという。

安部にとっての拉致問題は得意分野といわれているし、
事実、拉致問題で点数を稼いで首相になれた面も大きいだろう。
たえず拉致問題を全面に押し出すことにより、

拉致問題=安部晋三


国民に対してアピール効果を持続するのにNHKへの放送命令は効果抜群である。
    
放送命令について、今のところマスコミはこぞって異を唱えている。
NHKは放送命令でも「自主的な編集を貫く」というが、
拉致問題は今でも総合放送のゴールデンタイムに特別扱いで
トップニュースとして放送しているのが現状である。
他の民放はどうであろうか。
いずれも似たり寄ったりで、同じ内容の報道がながされている。

ただ単にラジオ国際放送に流すだけというが、
自衛隊の海外派兵や武器携帯などのように、
一度認めると次から次へと拡大解釈していく例は多い。
いずれ茶の間は拉致問題だらけになるのだろうか。

海外向けの放送なら、できれば環境問題を優先事項としてほしいところだが。
拉致問題の次に出される放送命令がやけに気になります。


2002年10月に拉致被害者の5人が最初の帰国を実現してから
マスコミを通して情報が定期的に流れているような気がしているのは私だけだろうか。
一定の時間が経つと・・・
写真が出てきたり、
証言者が現れたり、
向こうでの暮らしぶりが報道されたり。
日本国民がたえず関心を持つように
ネタには事欠かないように、
小出しに情報が流れてきます(^^

チョット!それは勘ぐりすぎなんじゃない?と思うかも知れません。

私だって最初は拉致被害者の家族が可哀想〜と思っていたし、
早く解決して欲しいと願っています。

でもね、いつのまにかニュースが流れるたびに????がつくようになりました。
その根拠は、拉致被害者が帰国してから警察等に情報を提供しているのに、
マスコミから小出しに流れてくるのに気がついたからです。

それからというものは、斜めに身構えてニュースを聞くようになりましたよ(-_-メ)

たとえば最近報道された北朝鮮の女工作員1人の逮捕状を取った件。
逮捕状が出た女工作員、通称キム・ミョンスク容疑者は、
曽我さんの北朝鮮入国後に約4か月間、曽我さんの身の回りの世話をしていた事。
曽我さんに「自分の弟は『キム・ソンホ』という有名なバイオリニストだ」と打ち明けていた事。
曽我さんは帰国前の2002年秋、政府調査団の聞き取り調査に答えているし、
帰国後には警察当局にも証言したという。
しかし、あれから4年も経ってからマスコミに出てきたのである。

似顔絵付きで

NHKによると今年1月から9月まで北朝鮮関連では二千本近い原稿を放送し、
そのうちの約七百本は拉致絡みの原稿だったとという。

ニュースを聞く時はいつの情報なのか、どこから出てきたのか、
どうして出てきたのか、よく注意してみるといいでしょう。

今回のNHKへの命令放送問題に対して、
北朝鮮にいる拉致被害者へ呼びかける短波放送「しおかぜ」を
運営する特定失踪者問題調査会の荒木和博代表は記者会見で、
「命令放送ではなく、番組の費用負担や送信施設の利用などの支援を
政府に求める」と発表したそうです。

短波放送「しおかぜ」をgoogleで検索しましたが、
地道に活動を展開していて、なかなか好感のもてるサイトです。
政府もこのような活動に対しての支援を先に行うべきでしょう。
1日30分程度で費用は年間約300万円くらいだそうです。




「世論が最大の力」という主張は理解できます。
しかし、情報操作で世論を奮い立たせてもろくな事はありません。
いよいよ6カ国協議が始まります。
これから問われるのはしたたかな外交力です。
蓋を開けたら疎外感だけ漂っていたということのないように
日本政府にはがんばってほしいものです。


ちっ(怒った顔)人気blogランキングに一票!

追文:何年前だったか忘れたが、国政選挙の投票日の3日前に
北朝鮮の赤軍派“よど号”グループ全員が帰ってくるとの報道が
大々的に流されました。日本人拉致事件への関与が疑われていただけに、
彼らの帰国は何らかの進展をもたらすことができるのでは、と期待しましたが、
その後の報道は一切ありません。
あれはどうなったのでしょう?
時期が時期だっただけに、あれは何だったのだという思いだけが残っています。
北朝鮮による拉致問題が最重要問題といいながら、
どうも情報の取り上げられかたが偏りすぎです。


posted by 田舎のディオゲネス at 17:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。