2005年03月22日

国民の義務・責務・フン!

憲法に「国民の責務」 家庭保護など規定 自民要綱素案

今回の憲法改正はどうも国民の義務や責務が多くなるようだ。

自民党新憲法起草委員会の要綱素案は
現行憲法に定められた権利・義務に加え、新たに、
国民の責務として「国防」「家庭保護」「社会的費用負担」
などを盛り込んだそうです。

 
「国防の責務」は、有事や大規模テロ・自然災害の際に
国民が自発的に国や郷土を守ることを促す・・
自発的にってどういうことなんだろう。
率先してということなのかな、
自然災害だったらいわれなくったってやっている。
神戸震災の時や新潟地震をみても分かる。
でも有事や大規模テロが起きたときに
自発的に国や郷土を守るって、何をするんだ。
銃を持てということなのか!

「家庭保護」は国民に自らの家庭を守り、
国には家庭を保護させる責務・・
なんじゃ、こりゃ?
各家庭を保護する国の責務も加えてほしいね。


「社会的費用負担の責務」は少子高齢時代に備えて
未納・未加入が社会問題化している国民健康保険料など
社会保険料の納付を促す・・
????????
社会保険庁の催促状ってほとんど脅迫文に近い、
湯水のように使い込んで浪費しているのは誰達?
全国一律13300円もの年金、低所得者層にとっては
負担が重すぎる。払えない人達がどれだけいるのか公表してほしい!
免除制度があるけど、半額免除(68万円以下の所得)だって
68万円以上の人が年間159600円負担するとなると
所得の低い人達は生活できない!
納付の警告文を送る前に、最低限の生活を保障してくれ!!

一方、政教分離原則の緩和で国が
一般的な宗教教育を行えるようにすることで
子供たちの情操教育の内容を向上できる効果が期待する・・
はどうだろう。一般的な宗教教育って何?
もしかしてイスラム教やキリスト教、仏教、道教、
儒教、ヒンズー教、ユダヤ教などの宗教全部の勉強を
するのだろうか。それなら賛成だ。

人気blogランキングで開かれた社会に一票!
posted by 田舎のディオゲネス at 01:17| Comment(1) | TrackBack(0) | 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
突然の不躾なメール失礼します。私は東京都八王子市に住む地藤健史と申します。添付の動画は私が行動した事実を元に制作した動画です。宜しければご覧いただき、感じた事などコメントいただければ幸せです。
【この逼塞した日本を救うキーマンは河村・橋下・竹原各氏だと思っています】
自己紹介
地藤 健史(ぢとう けんじ)
56才
職業 現在無職
世直しパネル実行委員会所属
東京都八王子市犬目町1119-7
電話番号 042-654-7089
メール ken1235@hotmail.co.jp
Posted by 地藤 健史 at 2010年08月25日 09:48
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/2534272

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。