2005年03月18日

人権擁護法案・審議大荒れ

人権擁護法案、いろんなサイトで取り上げているようで
人権擁護局でのQ&Aを読んだり、ざっと他のサイトをのぞいても見た。
おもしろいことにテレビではあまり取り上げていなくて、新聞も小さな記事が多いが、ネットではかなり盛り上がっている。それも右左の政治思想に関係なく・・・もっともネットの世界は言論の自由を感じることができるので、それが規制されるのではないかと、より敏感になるのは理解できる。

以前にも書いたように今回の人権擁護法案は5年以内にメディア規制という時限爆弾を仕掛けた内容なのでその姑息なやり方には腹が立つので初めっから法案には反対の立場ではある。今回人権擁護局のQ&Aでの説明を読んでみてこの法案の更なる問題点を確認しました。

私が一番問題とした点は人権擁護の組織体制を独立行政委員会として設け,この機関が公権力や報道機関による人権侵害についても救済対象として取り扱うということです。他からの影響を排して独立して職務を行うためというのですが「中央事務局,地方事務所はもちろん,事務委任を受ける地方法務局についても,人権委員会の指揮監督下に置かれ,法務大臣の指揮命令は及びません。」とあるのには少なからずビックリします。その上令状なしの捜索などの強制権まである。

たしかに国や外部からの影響を受けずに独立した組織というのは聞こえはいい、でも、法務大臣の指揮命令が及ばない独立した組織の人間は誰が選ぶのだろうか・・チェック機能はどうなっているのだろうか。
先の人権擁護局のサイトでは何もわかりません。まして、扱うのは「人権」という日本でもっとも遅れている分野です。信頼できる人達を選ぶからというのはまったくのナンセンスです。第三者を選ぶからとか弱者から選ぶからという理由で大丈夫ということではありません。
問題なのは日本政府や今ある多くの団体や組織のあり方は極めて閉鎖的ということなのです。
位置づけによっては強力な圧力団体になりかねない側面をもっていることに危惧を覚えます。

人権擁護の必要性は感じるが現時点の日本の社会では人権という概念を基本からもっと勉強するべきだというのが私の考えです。そこには国籍は関係ありません。なぜなら人権とは人としての権利だからです。


人気blogランキングで開かれた社会に一票!

 
posted by 田舎のディオゲネス at 02:33| Comment(0) | TrackBack(1) | 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/2470385

この記事へのトラックバック

人権擁護法案 トラックバックピープル
Excerpt: Blog Peopleのトラックバックピープルに、「人権擁護法案」の作成を申請し...
Weblog: 関西イリーガルマインド
Tracked: 2005-03-20 18:03
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。