2005年03月15日

対アジア外交

基地の問題はテーマが重すぎ・・・
書いた後の気分はすぐれない。
どうせ読む人はいないだろうと思いつつも、
今日、目にしたニュース「日本、四方八方と対立」6カ国協議憂慮と韓国報道......河北新報社


6カ国協議参加国のうち、
北方領土問題でロシアと対立し
歴史教科書や竹島問題で韓国と、
拉致問題で北朝鮮と
台湾の李登輝前総統へのビザ発給や歴史問題などで中国と
ことごとく対立を深めている
というような内容である。
考えてみると日本の周辺国全部と対立していることになる。

政府は国防を重点に改憲に熱心だが
国の安全は相互理解に基づく外交政策が基本であるということが解っているのだろうか。
市民レベルでの交流は以前より進んでいるが
国レベルでは加速して悪い方へ、悪い方へと向かっているようである。


人気blogランキングに一票!


posted by 田舎のディオゲネス at 00:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/2418186

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。