2006年10月31日

公務員改革

安部の政権構想に公務員改革の断行がある。
公務員の定員削減のことを指すらしいが、
自分のまわりは関係ないみたいだ。

今回の内閣の首相補佐官は逆に増えて、
過去最多の5人になっているそうな。
各補佐官に車と個室、補佐官補1人が付くそうだが、
全省庁から次々とスタッフを送り込んでいるため、
部屋に入りきらないほどの盛況ぶりなんだそうだ。

公務員改革とは、どうも末端の公務員だけが対象らしい(x。x)゜゜


ちっ(怒った顔)人気blogランキングに一票!
posted by 田舎のディオゲネス at 01:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月28日

アホな

26日の参院外交防衛委員会で
地対空誘導弾パトリオット(PAC3)の沖縄配備について
久間防衛長官は「沖縄の人は喜んでもらいたい」と述べたそうだ。

当然、沖縄県内で批判の声が上がったが、
そのことに久間防衛長官は「それは間違っている」と述べて
「配備を歓迎すべき」と反論したという。

では、そんなにパトリオットの配備が喜ばしいものなら、
「ぜひ私の地域に配備を!」と自ら名乗りを上げる都道府県はあったのだろうか?
現在埼玉、岐阜、福岡の自衛隊基地にも配備されているそうだが、
はたしてそこに住んでいる人々に喜ばれているのだろうか。

パトリオットの配備が必要だと主張する人はたいてい、
関係ない地域に住んでいるのが実情だろうというのが私の推測である。
久間章生の出身地、長崎県にもまだ設置していないではないか(-_-メ)
そもそも一番狙われやすい東京になぜ配備しないのか。
迎撃能力がわずか20km以下なんだから心配な人は誘致したらいいものを
そんな話はまったく聞こえてこない。


パトリオットの配備が喜ばしいことだって?
感謝してもらいたいだって?
そんなアホな


ちっ(怒った顔)人気blogランキングに一票
posted by 田舎のディオゲネス at 03:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月24日

衆院統一補選

神奈川と大阪で行われた衆議院議員の補欠選挙、
自民党にとって神奈川16区は亀井善之元農相、
大阪9区は西田猛衆院議員の死去に伴う「守りの選挙」だったそうな。

テレビやマスコミによると、今回の選挙結果は
安部首相の国民的人気によるものだとか、
北朝鮮の核実験の影響によるものだとか、
ともかくも自民党の今後の政権運営にはずみがつくんだそうだ。

ふと気になって調べてみた。

2005年衆院選 神奈川16区

当 亀井 善之 自 159,268
  長田 英知 民    87,991  
-------------
差 71,277

今回

当 亀井善太郎 自  109,464
  後藤 祐一 民  80,450
   --------------
差 29,014


2005年衆院選 大阪9区

当 西田  猛 自 142,243
大谷 信盛 民 111,809
--------------
差 30,434

今回
  
当 原田 憲治 自  111,226
  大谷 信盛 民   92,424   
---------------
差 18,802

国民的人気の安部首相の強硬路線が追い風になったとの
マスコミの論調、中身がこの程度じゃあね(^^ゞ


ちっ(怒った顔)人気blogランキングに一票!

posted by 田舎のディオゲネス at 04:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月01日

軍用車両500台

沖縄の嘉手納基地に配備される地対空誘導弾「パトリオット(PAC3)ミサイル」
その運用にあたる米陸軍防空砲兵大隊が使用する大型車両などの装備品が
那覇軍港に到着、約500台もの軍用車両に搭載して本島の幹線道路である
58号線を経由して嘉手納基地に搬入されるという。

地域住民への影響を最小限にするために、
交通量が最も少ないとされる未明の時間帯に移動を行うと説明しているが、
約500台もの軍用車両が幹線道路を走ることは異常である。
かつて凄惨な地上戦が行われた歴史を経験した沖縄の地を、
再び、戦時の記憶を呼び起こすような光景が展開されるのである。
この異常さがどれほどのものかは58号線で確認してみるといいでしょう。
一週間内には搬入される予定らしいです。
もしかしたら、今夜実行されているかもしれません。

今回、嘉手納基地に24基の発射台を配備する計画といわれ、最終的には
米兵約600人と家族約900人、合計1500人が沖縄に移転する。
今朝、6月頃の読売新聞の記事では4基と書かれていることに気がつきました。
沖縄県の新聞では当初から24基と報道されていました。
あきれるほど、ずいぶん違う数字ですね(-_-;)

米軍再編により沖縄県の負担は軽減されると政府は説明するが、
名護市の「キャンプシュワブ」拡張工事と併せてパトリオットの配置は
さらなる基地強化の方向へすすんでいるのが現状です。

在日米軍基地の再編にともない総額3兆円も日本側が負担するというが、
沖縄の現状は基地負担軽減どころか、基地強化の方向へ進んでいます。
米国が役立たずのPAC3を沖縄に24基も配置するということに、
ちょっと理解に苦しみます。
日本が出す在日米軍再編代3兆円はまさかパトリオット24基の
料金も含まれているのではと勘ぐりたくなります。

それとも日米両政府が当面の配備数を16基から32基に倍増するための
保管場所としての場所として沖縄を利用するのか、

はたまた、80基まではもっと買ってちょうだい(^_-)♪という米国に対して
数が多すぎて国民からの理解を得にくい日本政府の
苦肉の策なのか、


国内では首都圏(埼玉)に配備する4編成のほかに、
東海地域(岐阜)に4編成、中部・近畿地域(福岡)に
4編成を配備する予定で、現時点では計16基を配備する予定とある。

それに対して沖縄の米軍基地は24基!
射程距離、わずか15Km!

PAC3を設置する予定の本土の自衛隊基地が
航空祭が催され、レジャーランドのような位置づけに対して
沖縄の米軍基地が、なんと抑圧的で暗い存在でありつづけているか・・・

ちっ(怒った顔)人気blogランキングに一票!





posted by 田舎のディオゲネス at 05:22| Comment(0) | TrackBack(1) | 沖縄 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。